コンサル1.jpg

ITマネジメント(CIO支援)コンサルティング

IT Management(CIO Support) Consulting

システム化を推進するのがCIOの役割ではありません。

 システム化を推進するのがCIOの役割ではありません。むしろ、不必要なシステム化やIT費用を抑制することができる目利きができることこそCIOに期待される役割です。組織やマネジメントの成熟度レベルに合った改善、改革に取り組まなければ投資がムダになるだけでなく、レベルに合わないシステムが現状組織やマネジメントを混乱、破壊させてしまいかねません。製造業を例にあげると、機械や工程、作業、現物といった生産要素が見える化、標準化されていないレベルにおいて、生産計画やスケジューリングといった最適化ソリューションを導入しても動くわけがないのです。それよりもグループウェアやナレッジマネジメントを導入し、情報の整理整頓に取り組むことによって、統合生産管理やサプライチェーンといったより上位のマネジメントレベルに向けて確実にステップアップできるはずです。IT化しなければ競争に勝てない、クラウドだビッグデータだとはやし立てる声に惑わされず、人間系の方がはるかに優れた業務まで単純化するような真似だけは決してしないで下さい。


マーケコンサル.jpg

マーケティングコンサルティング

Marketing Consulting

マーケティングの成果はすぐには出ません。

 マーケティングの成果はすぐには出ません。マーケティングと営業は全く違う概念です。自社の存在原点に立ち戻り、本来的に奉仕すべき顧客を再認識し、市場におけるポジショニングをしっかり把握した上で、変えるべきことは変え、決して変えてはいけないことは何があっても変えないという経営哲学を確立するための方法論がマーケティングです。その取り組みは組織に元気を取り戻し、景気に左右されない骨太な強みをもたらします。小手先だけ、見えた目や聞こえのいいマーケティングにだまされないで下さい。すぐに効果が出てくるような話には必ず副作用が隠れています。




クラスター.jpg

データ分析コンサルティング

DataAanalysis Consulting

データをみればわかるデータはあてにならないはどちらも間違っています。

データをみればわかる、データなどなくてもわかるはどちらも嘘です。販売データをみても、アンケートしてもわからないことはわかりません。だからといってベテランの営業マンやエンジニアに聞けばなんでも知っているはずもありません。現実はもっと厳しく、データを駆使し、直感を働かせ、現場に何度も足を運んでようやく仮説が見えてくるのではないでしょうか。顧客はどこにいるのか、顧客は何を考えているのか、品質のバラツキや納期遅れの原因はどこにあるのか、集めることができるありとあらゆる手がかりから真実を推理し、テストや実験といった仮説検証を繰り返す中で、ようやく利益を生み出すデータマイン(Data Mine)を掘り当てることができるのです。


コンサル3.jpg

情報セキュリティコンサルティング

Security Consulting

情報セキュリティの取り組みは待ったなしです

モバイル端末やIoT機器などネットワーク技術の発展にともなって、eコマースなどビジネスのネットワーク化がますます拡大する一方です。ネットワーク化の拡大は、ハッカーによる標的攻撃やマルウェアによる感染被害といったセキュリティ脅威も依然と比べようもなく高まっています。その被害は顧客個人情報や機密技術情報の漏えいといった直接的な被害だけでなく、サーバ乗っ取りや踏み台攻撃、ボットウイルス感染によって、自社や社員が不正行為に関与してしまうという事例まで起きています。さらには社員によるソーシャルメディアへの不適切書き込みによるネットトラブルに企業が巻き込まれるという新しいセキュリティ脅威まで考える必要が出てきました。今後もマイナンバーの利用拡大など企業における情報セキュリティの取り組みは待ったなしです。

 セキュリティ対策はお金をかければよいというものではありません。高くそびえる城壁も途中で穴があいていたり、賄賂でなびく門番がいては意味がありません。今現在のセキュリティ対策の長短所や今後のビジネス計画を見据えた上で、最善最適な対策設計をすることが必要なのです。弊社では情報セキュリティ対策のスタートとして、セキュリティ診断を受けることをお勧めしています。安心安全安定な企業経営の実現に向けて、まずは御相談下さい。